[rentwi.textfile.org]

『君の名は。』の初期仮題が『君と知りせば』と知りました。「せば」といえば反実仮想。「現実はそうではないのだけれど、もしも〇〇であったなら」というステキな古文表現ですね。世の中にたえて桜のなかりせば…
https://twitter.com/shinkaimakoto/status/886108830387494912

世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし。では、『君と知りせば……まし』の「……」には、どんな想いが込められるのでしょうね。

偽りのなき世なりせばいかばかり人の言の葉うれしからまし
https://note.mu/hyuki/n/nba98d4e208f8?magazine_key=mfa4fe40c022b

反実仮想は恋の歌に似合う。

逢ひ見ずは恋しきこともなからまし音にぞ人を聞くべかりける
https://note.mu/hyuki/n/n98ab2161ca55?magazine_key=mfa4fe40c022b

『君と知りせば』は現代語に直したらどうなるのかしら。「あのとき逢ったあの人が、他ならぬ君であるとわかっていたならば、……だったのになあ。でも実際はそうではなかった」でしょうか。

失礼。『夢と知りせば』でした。(>_<)
『夢と知りせば』は現代語に直したらどうなるのかしら。

この世がはかない夢と知っていたならば、現実の世界には抗えないなどと先走って考える必要はなかったんだ。高嶺の花の君への告白を断念したり、強気なプロジェクトへの参加を諦めたりする必要はなかったんだ。「夢と知りせば」そういう選択肢もあったんだが、実際はそうではなかった…悲しい反実仮想。

「花」といえば桜の花になり、「人」といえば恋しくてしかたがないあの人になる。古文とはなんとハイコンテキストで圧縮された表現だろうか。

自分の連ツイ読み返したら、しょっぱなからタイトル(仮題)間違ってましたね。新海監督ごめんなさい!! m(_ _)m

もしかすると古文の世界ではみんな仲間だったのかな。だから省略できる。だからハイコンテキスト。ホームズはアイリーンアドラーのことを『あの女性」という。それで、誰だか特定できるから。恋バナで「あの人が」と言ったら誰のことかわかる。それと似ている。古文の世界は恋バナだ。

s/『/「/

2017-07-15 (Sat) 15:56:23