[rentwi.textfile.org]

あなたの名のために遠い国から来る異邦人が、(…)もしきて、この宮に向かって祈るならば、あなたは、あなたのすみかである天で聞き、すべて異邦人があなたに呼び求めることをかなえさせてください。

列王紀上 8:41-43 より

今日の聖書箇所で心に残ったのは二点。自分は聖書の民としては異邦人であること。そして神に呼び求めるということ。諦めるのではなく、自分だけでやるのではなく、神に呼び求めるという態度の意味。

もちろんそこには神への信頼や信仰があるのだが、「関わり合い」について思う。解決を求めるだけではなく、関わりあうということに、意味はないだろうか。生きている中で、神と関わり合い、人と関わり合う。求めるものがあるために関わり合う。

神を呼び求めるためには、自分が弱いという自覚がないと難しい。逆にいうなら、自分が弱いとわかっていれば、神に助けを求めることはやりやすいかもしれない。そして、場合によっては、自分の弱さを知っていることが、大きな強みになることもあるだろうか。

聖書の内容からはやや離れていったのですが、そんなことを思っていました。今回の聖書箇所は、ソロモンが主の神殿を建てた後の祈りの一部。

2017-07-31 (Mon) 06:26:23